明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカナゴ 試験獲り シンコ釜揚げ 入荷しました。

DSC03497.jpg
DSC03498.jpg

 去年の12月25日に大寒波がやって来て、明石海峡のハマチは一気に外海に出てしまい、居なくなりました。

 そこで満を持して産卵したのがイカナゴです。

 水温が高いとハマチが居座り、産卵した卵を根こそぎ食べてしまいますので、不漁になりますが、今年は水温が低いですので、去年よりも多い予想がされています。

 しかし、今から西風が吹かないと、泳げないシンコは親のフルセに食べられてしまいますので、これも漁をやってみないと分からない事でもあります。

 大阪湾には豊富な栄養分がある為に、播磨灘に比べて、1週間ぐらい早く成長します。

 その代わり、大きくなりすぎて売れなくなるために、1週間早く漁が終わります。

 神戸空港で大阪湾の豊富な餌が堰きとめられる為に、こちらを境にイカナゴの品質も値段も違ってきます。

 それと、二見以西の海域でも、栄養不良の為に、品質も値段も違います。

 大阪湾の物は、黒っぽく、

 明石の物は、赤みが掛かっていて、

 姫路沖の物は、白っぽいです。

 それとその他にイカナゴの産地は、香川県、岡山県、三重県、があり、全て明石に集結する為に、その店舗ごと、時間、鮮度、産地によって値段が変わります。

 一番値段の高いのは、明石の前獲れのイカナゴです。

 鮮度も品質もいいですので、値段の見切りも一番遅くなります。

 イカナゴは配給制ですので、普段明石の魚を扱っている信頼の出来るお店で買われる事をお勧めします。

 

 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sengyomura.blog74.fc2.com/tb.php/489-68de30f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。