明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなご

20070503225433.jpg

明石にアナゴの季節がやってきました。
いかなごのシンコが大きくなり漁は終わりましたがそれを食べて脂ののったアナゴは特においしいです。
アナゴの旬は5月の上旬から6月にかけてで、梅雨に入ると少なくなりはじめ、梅雨が明けるとまた砂に潜ってしまいいなくなります。
 
今回はアナゴの料理の仕方を紹介します。
ぜひ!!ご自分でさばいてみられてはいかがですか?

①生のアナゴはヌルヌル、クネクネして料理出来ませんので、開きやすくする為に氷で仮死状態(氷でしめる)にします。

② 目打ちをして、目とヒレの間のくぼみがあるところから包丁を入れ、背骨に沿って開きます。
20070503225601.jpg


このあたりから包丁を入れると内臓をひっかけずに開くことができます。胆のうが破れると見た目も味も落ちます。
20070503225722.jpg


③半分ぐらいまで開きます。
包丁が身から突き出さないように指を添えて尻尾まで開きます。
20070503225834.jpg


④内臓を取って、反対側の骨に沿ってとります。
<20070503230023.jpg

後は血が残りますので氷水で洗うと出来上がりです。
20070503230115.jpg



⑤内臓は胆のう(にがだま)を取って胃袋の中身と浮き袋を取り除きましょう。
20070503230151.jpg

これが胃袋と浮き袋です。包丁でこそぐようにとります。
20070510152325.jpg


そうじの出来上がりです。
20070510152458.jpg




肝どんぶりで食べるととてもおいしいです。
ごぼうやタマネギと一緒に甘辛く炊いて卵でとじたら出来上がり。
スポーツしている人なら試合の前の日には必ずたべたいですね。

炭焼きでももちろんおいしいですが、生のあなごを天ぷらにしたり、炊いてもおいしいものですよ☆
我が家の10ヶ月の息子もあなごをバクバクと食べています。
骨がないので食べさせやすいですもんね。

明石の天然のあなごならではの味をぜひ!!ご賞味ください。



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/19(水) 09:35:31 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/19(水) 10:15:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/19(水) 10:47:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/19(水) 11:22:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/19(水) 11:56:43 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/22(土) 18:20:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/01/26(水) 04:14:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sengyomura.blog74.fc2.com/tb.php/47-4765b6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。