明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超安いべラの塩焼き

DSC03609.jpg

 徳島では食べるものではなく、長崎でも獲れたら捨てられていて、日本海では論外の魚がべラです。

 しかし、明石で獲れるべラだけは他とは違いおいしいです。

 300円で家族4人が食べられます。

 塩焼きにして、焼きあがったら、熱いうちに、背びれ、胸びれ、真ん中の骨を取ると、食べやすいです。

 明石海峡の魚も夏の食材になりつつあります。
スポンサーサイト

恐ろしくおいしい明石のハモの吸い物

DSC03608.jpg

 明石の昼市で、仲買人がどんどんいい値でハモを買い上げるのをみていると、まだ時期が早く味は出ていないだろうと思っていました。

 試しに買って、骨きりした後、お吸い物にしてみました。

 今まで鯛の吸い物が最高だと思っていましたが、ハモを食べると鯛が霞んでしまいました。

 半年ぶりに食べた鱧は、すばらしくおいしく、全く脂がないのに濃い出汁がでて、身の歯ざわりが上品で、京都人好みの物だと思いました。

 値段が高いのも納得できました。

 野島の豆腐と菜っ葉を浮かせると、高タンパク低カロリーで血管の詰まらない食事が出来ると思います。

 ハモは祇園祭、天神祭りを頂点に値段が高くなり、10月に入って脂が乗り出すと料理屋のメニューから外れ安くなり、年末まで明石海峡に居ます。

明石の一本釣りの真サバ

DSC03603.jpg
DSC03604.jpg

 明石の一本釣りのサバです。

 ゴマサバと真サバがあり、ゴマサバは締まらないのでお刺身向けです。

 真サバは時間が経つとどうしても締まってきます。出来るだけ締まらないように、釣ってから一旦水槽で泳がせて、落ち着かせてから、首を切り、血抜きして、神経を抜きます。だいたい絞めてから3時間以内に刺身で食べるのが理想的です。

 関サバと言っても、このタイミングではなかなか食べさせてはくれないと思います。

 結果として、明石の昼網のサバは、刺身で食べるとこれ以上ない味だと思います。

 但し、お年寄りの方には、いくら鮮度が良くても、菜まで食べることをお勧めしません。それぐらいは皆さんご存知だと思います。

 90過ぎの方は、極端に殺菌能力がありませんので、白身のお刺身でも、食べない方がいいと思います。

いわし寿司

DSC03596.jpg

 連日のように、イワシがたくさん獲れて、当店でも500g入り300円で販売しています。

 300円で4人十分に食べられます。

 しかし漁師の日当が2000円しかないのはお気の毒に思います。

 ナマコ獲りの漁師は日に20万あるので、漁師の世界でも格差は広がっています。

 あまりにも安いので、寿司を作ろうと思い、頭と腹を取って、骨を抜き、塩をしました。

 だいたい1時間ぐらいでこれぐらい出来ると思います。

 1時間後、塩は酢で酢洗いしてから、甘酢に漬けるとほぼ完成です。

 小さい所は開きにくいですので、煮付けにするか、から揚げにするとおいしいです。

 20年来、イワシがこのような値段になったことがありませんので、色々作って食べてみてください。

鳴門のラッキョ 出来上がりました。

DSC03581.jpg
DSC03589.jpg

 今年のラッキョの一番摂りを漬けました。

 一晩塩漬けしたあと、綺麗に薄皮を剥きます。

 ラッキョの皮むきは完全に老婆仕事です。

 時給50円のこんな仕事をして、日本の借金の返済に協力出来るの?というのは、現在菜っ葉の束をしている農家にも言える事です。

 しかし、ラッキョは、生野菜のない時期に必ず約に立ちます。

 現在菜っ葉は安いですが、もうじき1わ300円になります。

 店頭には菜っ葉は並ばなくなります。

 その時血流を正常に保ってくれるのが、ラッキョ、梅干といった物です。

 医療費を削減するためには、先ず血流を良くして、免疫力を正常に保つことです。

 宝くじを1万円で買って、1000円札4枚と交換すると、手っ取り早く税金を納めることが出来ますが、自分の健康を保つという方法でも、日本の国を助ける方法だと思います。そう思って農家の方もがんばっています。

明石鯛の煮付け

DSC03578.jpg

 煮付けの魚は、刺身に出来る物と同格でなければおいしくありません。

 現在明石の旬の魚は、アマガレイ、アブラメ、メイタカレイですが、

 アマガレイは鯛の値段の8倍から10倍で、アブラメは4倍から5倍、メイタカレイは3倍ぐらい、とても庶民が食べられる物ではないと思います。

 鯛は旬でなくても安くておいしいですし、白身ですので毎日食べても飽きないのが特徴です。

 今回煮付けにしてみました。

 養殖と違い、下準備も簡単に出来ます。

 養殖や輸入の物は、脂が出ても出汁が出ないので、どうしても濃い味付けになり、そのような物を食べ続けると血圧や、血糖値が異常になり、そのストレスで癌になるというようなパターンになっています。

 日本海や太平洋、他の瀬戸内の物と明石の鯛の味が違うのはそれぞれ食べる餌が違うからです。

 日本海の魚は、キュウリエソというプランクトンが豊富にあり、そのために、魚の量も多く、型も大きいですが、青背の物はそこそこいけても、白身は全くだめです。

 鳴門や福良は太平洋になりますので、この辺りの鯛はイカナゴを食べるために、刺身ではごまかせても、煮付けにすると一発でばれてしまいます。

 明石の鯛は、エビとカニを食べますので、味が違うのが分かると思います。

 煮汁で竹の子や、豆類、フキ等を炊くと、今流行のコラーゲン、グルコサミン、コンドロィチン、ヒアルロンサン、コラーゲン、カルシウム、が摂れます。

 切り身や、刺身しか食べない方は、平均病気ばっかりしています。

 サプリメントで補給しても、副作用で苦しんでいます。芸能人をみているとそう思います。

 今は繁殖期ですので、雄と雌が分かりやすいように、雄は黒っぽく、雌は赤身がかった色になっています。

 雄の白子は、生でポン酢で食べるとおいしいです。

 

むらかみのホームページは、「明石鯛」で検索出来ます。

 むらかみのホームページは、明石鯛 のキーワードで検索出来ます。

 ヤフーで検索すると右列の一番下の部分に赤丸が付いた所にあります。

 皆様が買い易い環境造りに努めたいと思っています。

 店長日記の部分には、その日のお勧めの物を紹介しています。

 これからも宜しくお願いします。

 ホームページはこちら むらかみホームページ

明石の釣りアジは最初と最後がおいしい。

 明石でアジが獲れるようになりました。

 明石の漁師が獲るアジは主に一本釣りの物です。

 出始めの初夏の季節に獲れる物は子持ちでおいしく、10月に獲れる物は脂が乗っておいしいです。

 逆に梅雨明けの物は、照りアジといって、子が抜けて後の物ですので、あっさりしています。

 今は刺身用として販売しております。

むらかみ、ウエブショップのご案内


 むらかみのウエブショップを始めました。

 まだ取り扱い商品は少ないですが、より便利にお買い物して頂く為に努めたいと思っていますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 http://www.sengyomura.jp/index.html

明石の鮟鱇(アンコウ)

DSC03563.jpg

 明石の秋の天然のフグに並んでおいしいのは、春のアンコウです。

 例年よりも2週間から3週間遅れて出てきました。

 明石海峡にもフカミがあり、春には子を産み、育てるために浅瀬に出てきます。

 典型的な底物の魚ですので、栄養が豊富で、コラーゲン、ヒアルロン産、コンドロイチン、各種アミノ酸が含まれています。

 医者はそういったことを知っていますので、血管の詰まった患者には血液をサラサラにする栄養のない青魚を進めて、自分たちは、好んでこのようなものを食べています。

 あっさり味でも、スルスル入っていくのがアンコウ鍋の特徴です。

 一日に1匹ぐらいしか獲れないで、この味を知らなくても当然だろうと思います。

安くておいしい明石天然鯛の開き

DSC03564.jpg

 これから梅雨明けまでは、天然の鯛が安いと思いますので、雨降り以外、店頭で干しています。

 明石の天然の鯛で、鮮度のいいものを、天日干しでという条件で販売している店は、ほとんどないと思います。

 紫外線のきついこの季節、天日に干すと本当においしくなります。

 スーパーで売っている人口乾燥は、赤外線でしているので、うまみはあまり出ませんので、塩の代わりに味の素を使います。

 本物を知っている方には、味の素の味は通用しません。

 他の地方へ送ると、その土地の名産品が返ってきますので、地方発送される方がたくさんいらっしゃいます。

明石のお魚がお求め安いお値段に。

DSC03562.jpg

 南から風が吹き、雨が降って川からえさが流れ出し、海水温も上昇して、明石海峡に魚がたくさん帰ってきました。

 たくさん獲れると、値段も下がる傾向にあります。

 昼網の、天然の鯛、針イカ、サゴシといった物は、もちろん生で食べられます。

  

地元の食材で法要のお膳

DSC03529.jpg

 地元の食材で法要の会席膳を作りました。

 23人分で約50時間掛かりました。

 
 我が家5人料理できる人がやって来ましたので、手伝ってもらい作りました。

 予算はお土産も入れて約3万円です。

 みんなで力を合わせて事を成すのは、先人の願いだろうと思っています。

 今の日本の状況にも同じ事が言えます。


 以下地元で手に入る物と、イカナゴのお返しに送っていただいた山菜で作った料理の紹介です。

 丹波の黒豆ともち米を使った白蒸しご飯

 明石の天然の鯛、ヒラメ、針イカのお刺身

 明石のサゴシの味噌漬け

 明石のアブラメのシンコ、キス、イワシ、黒メバルの南蛮漬け

 香川県竹の子、淡路の新ごぼう、阿蘇の山ウド、コゴミのテンプラ

 丹波の白大豆煮

 明石のワケギのヌタ

 野島豆腐の白和え

 香川の竹の子の木の芽和え

 淡路イチゴ紅ほっぺ

 玉子焼き

 淡路のふき、人参、和歌山のそら豆、大分どんこ椎茸、こうや煮

 写真に載っていませんが、

 明石のアナゴを使った茶碗蒸し

 淡路のイワシ寿司

 明石のカスゴ、サゴシの棒寿司

 後はケーキとコーヒーと言う内容でした。

 どれも化学調味料は一切使わず、自然な味だと評価頂きました。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

竹の子を酢水に漬けて長期保存

DSC03528.jpg

 地元でも竹の子が取れるようになりました。

 飽きてしまって、食べる気がしないと思います。

 我が家では小さくて物がいいですので、お正月の御節に使います。

 ここ2~3日の物が安くていい物があると思います。

 保存する場合は、ヌカで一時間茹でて、一晩寝かせた後、皮をむいた物を、酢水に漬けて冷凍します。

 竹の子も鮮度が大切で、朝掘りしたものは、朝の間に茹でるのが理想的です。

 

 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。