明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラメの甘露煮

DSC03351.jpg

 アブラメのシンコが少し大きくなってきましたので、骨が歯に触るようになってきました。

 今日は甘露煮にしてみました。

 水を使わずに、醤油、砂糖、ミリン、お酒で約40分煮ました。

 イカナゴの釘煮と同じ要領ですが、砂糖は好みに合わせて入れてもらえばいいと思います。

 甘露煮にすると骨も気にせずに食べることが出来ます。

 甘露煮に出来るのも10日程ですので、時間のある方は一度作ってみてください。
スポンサーサイト

アブラメのシンコ

DSC03352.jpg

 アブラメのシンコが少し大きくなり、比較的手に入りやすくなってきました。

 個人的な意見ですが、から揚げにするとこれ以上おいしいものはないと思います。

 1日に一人分ぐらいしか獲れない時が本当においしいです。 

 しかし、もう少し大きくなると骨が歯に触りますので、値段は安くなりますが、調理方法が難しくなってきます。

 こちらも1年に一回の食材です。

 
 

 

大好評 明石鯛のヒラキ

DSC03347.jpg

 今年も明石では鯛がたくさん獲れています。

 紫外線がきついこの季節、天日で干すとさらにおいしくなります。

 天気さえ良ければ、店頭で干して販売しています。

 食べた後のアラでお茶漬けしてもおいしいです。

 梅雨入りまで今と同じ値段でご提供させて頂けると思います。

 1日に30枚ほどが限度ですので、ご入用の場合はご注文下さい。

 〒673-0866

 兵庫県明石市朝霧町2-15-1  むらかみ食料品店

 ℡ 078-911-2127

 メールアドレス fs022mr2@yahoo.co.jp

 宜しくお願いします。

 
 

明石鯛の塩焼き

DSC03342.jpg

 4月1日から明石の鯛漁が始まっています。

 お客様がおいしい、おいしいと言われますので、一度食べてみたいと思っていました。

 今日食べる機会がありましたので、食べてみたら、ガス焼きにも係わらずおいしかったです。

 皮はパリパリで身は脂が乗ってジューシーでした。

 鯛も30分ぐらい塩をしてから、水洗いするとちょうどいい塩加減になり、鯛本来の味も味わえます。

 アラは捨てずに、茶漬けにするか、炊き出して味噌汁にするとおいしい出汁が出ます。

スズキの南蛮漬け

DSC03341.jpg

 スズキがおいしくなってきました。

 ムニエルにしようと思いましたが、他の魚が売れ残ってしまいましたので、から揚げにして南蛮漬けにしました。

 ナゴヤフグとマイカとトラハゼとタイラギ貝です。

 自分で作って、これはおいしいと、自画自賛してしまうぐらいで、家族にも満足してもらえたと思います。

 明石のマイカは、スルメイカと同じような立場で、剣先イカの様においしくありません。

 漁師が、尻クサリ(ケツクサリ)と呼んでいるぐらいですので、食感だけで味も何もありません。

 しかし、一日冷蔵庫で保管すると甘みが出てきま。、それを30分ぐらい塩をするとさらにうまみが出てきます。

 10倍に出来る食材ですので、主にプロ用です。

 紫イカや輸入の冷凍のモンゴイカは論外です。これらは化学調味料で味をごまかしていますので、体調不良の原因になります。

 料理方法を知っていると、明石で獲れる食材であれば、安くておいしく頂けると思います。

 

 

 

4月1日より明石天然鯛漁開始

DSC03340.jpg

 4月1日から、明石の漁師は鯛を獲り始めました。

 潮時が良く、たくさん獲れた時は、普段の半値になることもあります。

 1月、2月、3月と明石の天然の鯛がありませんでしたので、久しぶりの鯛のお刺身は格別においしかったです。

 しかし明石の鯛と言えど、5月の下旬から梅雨明けまで産卵期に入りますので、味は落ちます。

 今月から12月末まで、明石鯛炭火姿焼きと鯛の天日干しのご注文を承ります。

 ご注文は

 〒673-0866

 兵庫県明石市朝霧町2-15-1  むらかみ食料品店

 ℡ 078-911-2127

 メールアドレス fs022mr2@yahoo.co.jp

 宜しくお願いします。

アブラメのシンコ

DSC03339.jpg

 イカナゴ漁の終了間際になると、他のシンコも混ざって網に入ってきます。

 中でも一番おいしくて、値段が高いのはアブラメのシンコです。

 青緑の物が混じっているぐらい小さい時にから揚げすると、化学調味料が入っているかと思うぐらいおいしいです。

 希少な物ですから、出初めから1週間、この味は普通の人では味わえないと思います。

 この瞬間の物は何年も食べていませんが、一度食べると忘れられない味です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。