明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱧(ハモ)のハンバーグ

DSC03195.jpg

 一匹100円ぐらいの小さめのハモをミキサーにかけてハンバーグを作りました。

 今日は5人前で3匹使いました。
 
 これは、今まで作ったハンバーグの中で一番おいしいと思いました。

 味に深みがあり、食べた後でもおいしい味が口の中に残ります。

 ハモは、開いて、頭と中骨を除いて、骨きりせずに、ヒレも取らずにミキサーに掛けると、皮と身が離れます。

 皮は口当たりが悪くなりますので捨てて、人参と、青みの野菜(三度豆等)、最後に玉ねぎをミキサーします。
 玉ねぎを最後に入れると機械の手入れが簡単に出来ます。

 つなぎはパン粉と卵2個使いました。

 20分もあれば5人前出来ると思います。
スポンサーサイト

サンマの開きはお彼岸までがおいしいです。

DSC03178.jpg

 梅雨が明けると、当店では毎朝サンマを天日で干しています。

 8月現在は約1時間で乾きます。

 11月に入ると半日経っても乾きにくくなりますのでその頃に終了します。

 サンマと松茸は産地が秋の時に獲れるものですから、北から南下して行きます。

 魚全体の漁業資源の枯渇が心配されている中で唯一もう少し獲ってもいい魚と言われています。

 個人的にはお盆明けから、お彼岸までの間が一番脂の質がいいですので、この時期が一番おいしいと思います。

 大きいほど脂がのっておいしいです。

 安いサンマの開きは、中国の大連で加工され、塩水を使うとコストが掛かるために、海水に漬けて干しています。海水には雑菌がたくさん含まれていますので薬で滅菌し、鮮度保持剤を噴霧します。

 原産地は日本ですので、うまく表示すれば、中国で加工したことは分からないと思います。
 
 食べ続けると20年ぐらいで原因不明の病気になる可能性があります(ならない人もいます)ので、親や身の回りの人を見て、危ないと思えば自分で加工するか、信頼の置けるお店で買いましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。