明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石の鰆大量です。

DSC02979.jpg

 明石の鰆が5匹入荷しました。

 ちょうど鰆漁の最盛期のはずですが、今年はイワシが少なく、同じものを食べる太刀魚が多く捕れ、
燃料代が掛かるトローリングの鰆漁は敬遠されがちの為、水揚げ漁はかなり少なめです。

 当店が5匹全て買い占めましたので鰆は大漁ではなく、大量です。

 おかげさまで即日完売しました。

 25万円のお節には明石の鰆が500円分入ります。

 3万円のお節には明石のサゴシが200円分入ります。

 3万円程度の物であれば養殖と冷凍と輸入食材ですので、正月早々あまりありがたくありません。

 物を作るよりも買った方が効率的というアメリカ的な考えでは日本は滅びます。

 20年以上インスタントラーメンやウインナーを食べ続けてきた人は国家の負担になる可能性が高いのでこれを期に考え直したほうがいいと思います。

 
スポンサーサイト

金時人参

DSC02977.jpg

 もういくつ寝るとお正月というのはまだ早いですが、お節料理には必ず入ってくる金時人参が出始めました。
 早いところではお盆明けからお節を作っています。
 大手百貨店や、有名ホテルの物も今の食材を使って作り始めています。
 劣化しないように保存剤に漬けて冷凍しています。年に一回の物ですので健康に影響はありません。
 食べ続けると徳川家の末代の将軍、家定、家茂の様に早死にします。現代は手当てがいいので死にませんが、発病後死ぬまでとお付き合いしなければなりません。
 時間がある方はがんばって自分で作った方がいいと思います。

信州 リンゴ 昆林

DSC02976.jpg

 信州松本ハイランドのリンゴで昆林という品種の物です。シナノスイートよりも少し硬めでフジに近い味がします。
 蜜も入ってきておいしいです。
 シナノスイートとどちらがおいしいかは、甲乙付けがたい物です。

北海道産 ミンククジラが入荷しました。

北海道産ミンククジラ入荷しました。

 春と秋に日本近海でクジラが獲れます。

 1シーズンに何回来るか分かりませんが、生でお刺身にして食べられる鮮度のいいものは、マグロよりもおいしいです。

 

早生(わせ)の西条、晩生(おくて)の富有柿(ふゆがき)

DSC02974.jpg
 今年西条柿の大き目が少なくて1回しか入荷しませんでした。

 こちらの和歌山県かわかみの富有柿が出れば西条も終わりで、ひらたね柿も食べる気がしなくなるくらいおいしい柿です。出始めの3L以上の物が特においしいです。

 11月末まで入荷すると思います。

キスの季節です。

DSC02973.jpg

 夏に子持ちだったキスも産後の養生が出来ました。

 塩焼きやてんぷらにするとおいしいです。

 年末から節分にかけて旬です。

 底引き網漁で捕りますので夜中に雨が降ったり、風が吹いていなければ入荷していると思います。

明石の天然トラフグ

DSC02972.jpg

 食べに行くと一人前10万円するという高級食材の明石の天然のトラフグです。

 このタイミングでトラを食うというのはファンにひんしゅくを買いますが、明石で獲れるフグのシーズンはこの10月と11月です。

 年末にこんな物をいると言われても、世界の大富豪と競りをしないといけませんのでお正月にフグ鍋を食べたい方は今の時期から冷凍保存されています。

 白子が入ってくるのは12月入り寒くなってからです。

 去年は7匹販売しました。4匹は同じ方で、1匹は食べました。

 養殖のフグは食べたことがありませんので比べられませんが、ふくと言われるだけあって食べると幸せな気分になります。

 余談ですが、ほかの物でも色々実験した結果、ひれ酒にするのはこのトラフグでしか味は出ませんでした。

鱧の照り焼き

DSC02971.jpg

 ハモが冬眠前で脂が乗ってきました。

 大きい物は2K以上あり、人の腕より太い物を照り焼きにするとおいしいです。

 アナゴどんぶりと同じ材料でハモ丼を作って食べました。

 今年も11月中は獲れると思います。

血の循環を良くする朝食

DSC02970.jpg

 医療費が増大し国庫の負担になっていますので、我が家では免疫性を高め病気にならないように心がけて食事(朝食)を摂っています。

 成年女性の7割が乳がんになる可能性があるという事と、政府が2年ほどまえから農薬の基準値を以前の半分ぐらいに規制しつつあるという事実は一致します。

 2年前のラ・フランスから始まり、ショウガ、うなぎ、コーヒー、米、その他、市場に少なくなったなーと思う物がたくさんあると思います。

 リンゴ 早生フジという品種がおいしくなったきました。
 トマト  明石近郊のトマトはおいしくないわりに、現在比較的値段が高いです。 
 米    新米100パーセント!晩生の米が出始めましたので味は最高です。
 味噌汁 2年間寝かせた自家製の味噌と鯛のアラベースに家庭菜園の大根間引き菜、なめこ、オ       クラ、たまねぎ、豆腐を入れました。
 サバ  明石で捕れる物は非常に高価ですので一般の家庭には不向きです。
      秋サバと言う言葉がありますので、そろそろ日本海の物でもおいしくなってきました。
      どこの産地が入荷するかその日にならないと分かりませんが、今から年末にかけて新潟、
      青森、気仙沼、九州五島の物が入荷します。
      サバ漁は満月の夜がお休みですので月の満ち欠けを見て今日は安いか高いか予想してご      購入下さい。
      

新リンゴ シナノスイーツ

DSC02969.jpg

 シナノスイーツは信州松本ハイランドで収穫されたフジ系のリンゴです。

 とてもおいしいです。

 

丹波の黒豆の枝豆

DSC02968.jpg

 ちょうど稲刈りのこの季節に丹波の黒豆が出てきます。粒が大きくておいしいです。

 枝豆のおいしい産地は岐阜、新潟、とこちらの丹波です。取れる時期が少しづつちがいます。

 味はいずれも甲乙付け難くおいしいです。

丸アジのお刺身とショウガ焼き

DSC02967.jpg

 丸アジが本当においしいので、お刺身とショウガ焼きにしていただきました。

 薄口醤油とお酒、ショウガを入れて10分ぐらい漬けてから焼くと、豚などと比較にならないぐらいおいしいです。

 お刺身にしても全盛期の平アジよりもおいしいと思います。

 秋の明石の釣りアジは庶民の食卓ではお目に掛かれなかった物ですが、大阪の橋本君のおかげで私たちの口にも入るようになりました。

 おそらく一般の方は丸アジは梅雨明けの値段の安い頃のイメージがある為に、3匹500円で売られていれば警戒するのは当たり前ですが、捕れた日は安く売っています。

 シメジご飯を炊きました。
 日本の松茸は高すぎますし、明石の市場にはほとんど流通していません。10月末から11月初めごろに1回か2回は販売しようと思っています。

 外食チェーン店ののぼりに8月31日から9月30日は松茸フェアー!と書いているのをよく見かけましたが、あれは全部中国産です。

 中国産の松茸はそれ自身味も香りもありませんので、化学調味料と香りの粉をふりかけて松茸のような品物にして、本土より出苛されています。あまり食べないほうがいいです。

 とうがんを炊きました。
 連休前で生野菜が全体的に高いですので、近所の方から頂いた物を調理しました。

 薄く皮をむき、ゆでてからダシと炊きます。

 メバルを煮付けにした出汁がありましたので、カツオの出汁で割って使いました。

 鯛やカワハギの煮付けのダシを使ってもいいですが、次の日にもう一度火を入れると魚の匂いが出てしまいますので、メバルの出汁の方が適していると思います。

 野菜は高いですが出来るだけ捕っていきましょう。魚を食べてさえいれば健康を維持できると思っている方が多いですがそれは間違いです。

 

最高の米には最高の干物

DSC02965.jpg

 写真が悪すぎました。これらの干物の透明感を表現したかったのに、とても残念です。

 しかしこちらが明石では今現在最高の味の干物になります。

 おいしいお米を頂いたので、おいしい干物をお返ししたいというお客様のご要望がありましたので、
 昼網でお刺身に出来る鯛と釣り味で干物を作りました。

 どちらもこの10月は旬の真っ只中で、おそらく本日のタイミングで干した物は、1年を通じて最高の物が出来たと思います。昼網が帰ってきた直後に開いている暇がありませんので普段なら無理です。

 したがってこれ以上の味のある干物はこの世の中に存在しないと思います。

 送られたお客様も満足されたと思います。

明石の長ハゲと丸ハゲ

DSC02966.jpg

 向かって左側が長ハゲで右側が丸ハゲです。

 長ハゲは11月、12月が旬で、丸ハゲは10月が旬です。

 ほとんどのスーパーのハゲは血が残って身がピンク色ですが、当店の物は一度水槽に入れて泳ぐようになってから首を切り、血抜きをしていますので臭みもなく身が透き通っています。

 小さい型の物でもおいしいです。

 長ハゲの刺身がおいしいと言われますが、10月は鯛がありますので個人的には食べようとは思いません。

明石のハモ鍋

DSC02964.jpg

 涼しくなってきましたのでハモ鍋にしました。

 現在きくな、こまつな、ほうれん草は軒並み1束300円ぐらいします。連休が終われば菜っ葉類の値段は下がってくると思います。

 節約して白ねぎ、玉ねぎ、白菜を入れました。

 我が家流のハモ鍋は醤油やポン酢は使いません。強いて言えばスダチを絞って入れるぐらいです。ハモはエビ、シャコ、トラはぜ、イカ等の味の濃いものばかり食べますので頭と骨を炊き出すといい味のスープが出ます。

 高たんぱく低カロリーで、脂肪分もほとんどなく、とてもおいしいです。

 このような料理では血圧が上がったり、血糖値が上がり過ぎたりすることはないと思います。

 実際の話ですが、当店がボランティアで収めているある食堂に行って食べれば、おいしいのに血糖値や血圧は上がらないというお話がありました。

 素材が良ければ味付けは最低限で済みます。

 残った出汁をご飯にかけて食べるとさらにおいしいです。

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。