明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太刀魚の天ぷら

DSC02963.jpg

 今日は支払いの都合上、5匹で300円の太刀魚を三枚におろして天ぷらにしました。

 4人で十分食べられます。

 この頃はは小さめの太刀魚が多く、ツバスや鰆があまり明石海峡に入ってこれない状況にあります。

 しかし塩とコショウだけで、これだけ安くておいしい食材は他に見当たりません。

 さらに鯛のアラを炊き出してスープを作り、揚げだしにして食べるのもおいしいです。

 また天丼にしても新米の季節ですので、太刀魚と米はよく合います。おいしすぎて食べすぎに注意しなくてはなりません。
スポンサーサイト

明石の丸はげ(かわはぎ)の生け越し

DSC02962.jpg

 ハゲはその日に獲れた物よりも生簀に一晩泳がし、生け越しにすると身が透き通りおいしさも増します。

 肝もおいしく、お値段は2倍から3倍しますがお値打ち品です。

 午前中に料理しています。

 

明石のワタリガニ

DSC02961.jpg

 明石のワタリガニはお彼岸を過ぎるとオスの身が詰まってきておいしくなってきます。

 メスは10月中旬以降によくなってきます。

 鍋にざるを入れて20分蒸すと出来上がりです。

 ゆでる時は熱湯に入れるびっくりしてと爪も足もバラバラになってしまいますので真水に10分ぐらい漬けて弱らしてから20分茹でて下さい。
 
 パスタやグラタンに入れてもおいしいです。

 松葉や越前ガニよりもおいしいですが獲れる量が少ないので味をご存知の方はごく稀です。

 おいしくなった時点で1匹5000円以上しますので、はっきりいって趣味の食材です。

旬の食材でお弁当

DSC02960.jpg

 とある後援会のお昼のお弁当をご注文頂きましたので作ってみました。

 栗おこわ 
 丹波の黒豆煮 
 人参、ごぼう、小芋、さやえんどう
 針イカとキュウリの酢の物
 サゴシの味噌漬け焼き
 エビと玉ねぎの寄せ上げ
 トラはぜのフライ
 コナスと万願寺ピーマンの天ぷら

 いずれも明石で手に入る食材です。

 ご好評いただき、どうもありがとうございました。

平成20年度産 新潟 魚沼産 コシヒカリ 100%

DSC02954.jpg

 おそらくこちらの米は世界一だと思います。

 この辺りで一番という丹波のコウノトリの米を頂きましたが、おいしさの格が違いすぎます。

 10万人分ぐらいしかありませんのでおそらく当店のお客様でも本物の味をご存知なのは3人ぐらいだと思います。

 上海では1k1500円で売られています。

 本物の明石のお魚を送ると本物の米を頂けます。

 米もいろいろ問題が出てきましたが、アメリカの小麦戦略にのっかり、農林水産庁の天下りで小麦で大もうけした官僚はそろそろ裁かれる時が来たかもしれません。

 10K1980円の米の正体は倉庫に置いてある10k 70円の米です。

 国も医療費が国庫を圧迫して、自分たちのボーナスや退職金が危なくなってきたので公表し始めましたが、10年以上食べ続けてきた方には手遅れです。

 出来るだけ季節に出てくる野菜を食べてガンが大きくならないようにしましょう。

 

明石の天然のカンパチ

DSC02953.jpg
 
 明石で天然のカンパチが1日に平均3匹ぐらい獲れています。

 シオとも呼ばれています。

 平アジと同じように次の日に刺身にしてもおいしいので高級寿司店でもごく一部の常連のお客さんしか食べられないと思います。

 養殖や日本海の物もありますが脂はあっても味がありませんので、ハマチ系ではこちらの明石の天然のカンパチが一番です。

スーパーのチラシの商品のからくりと納入業者の嘆き

 なぜこのように次から次ぎへ不正が発覚するのか?

 実はスーパーと納入業者との売買契約書に問題があります。

 卸業者をしていてもいい学校を出ていなければ何を書いているか理解できません。

 昨日も明石であったことですが、

 先ず卸業者が500円で200個ある品物を納品したところ、スーパーは1000円で100個売り、
その日のうちに売れ残った100個を売価の1000円で買い取るように求められました。

 当然出来なければ即取引停止ですので業者としては受けなければなりません。

 そこで、 「返品されて困っているだろう、では250円で買い取ってあげましょう。」

 という訳で半額で売れる500円の物が生まれます。

 このような事を頻繁にやりませんが、業者が儲からないか赤字になるかギリギリのところを狙って年に何回かやってきます。同じ商品を違う2つの業者から仕入れれば思うがままに出来ます。

 契約書にはちゃんと書いてありますので訴えることは出来ません。

 従業員の給料や経費も掛かりますし借金も払えないので、恨みが重なって不正な物を混ぜてきます。

 バレてもふてぶてしい態度をとるのはそういう訳で、本当のことを言うと西宮冷蔵の社長みたいにルンペンになってしまいます。

 何年か前までは正直に商売されて来て自分の商売ににプライドを持ってきた人には耐えがたく、今日も首を吊って亡くなられました。

 もう少し皆さんが考えてあげる必要があると思います。

 

兵庫県産 こしひかり 100パーセント新米入荷しました。

DSC02946.jpg

 新米は10パーセント入っていれば新米と表示して販売してもいいことになっています。

 米もいろいろ問題が出てきました。私たちは知っていましたが、一般の方は知らなかったし、信用していたと思います。

 悪いのは米の卸屋でしょうか?政府でしょうか?敗戦国日本に対するアメリカの小麦戦略でしょうか?それとも消費者でしょうか?

 小泉さんの規制緩和で米は誰でも売ってもいいことになりましたが、専売で売っていた頃の半分の農薬しか使ってはいけなくなりましたので、たくさんの米が売れ残り、政府も備蓄米として持っていた物を正規のルートで出せなくなりました。

 すなわち、みなさん4から5年前の米をいまだに引きずっていて、如何にだまして売りつけるかを考えています。

 10k 3000円以下の米はありえないので何か混ざっていると考えてください。

 食品全体に言えるのですが、1割から2割混ぜると安く売れます。毒が入っているとしても潜伏期間が10年から15年ありますのですぐには健康被害は出ません。

 食べても大丈夫と発表する側の人間は絶対食べませんので、人事だから言えるのです。

 農林水産庁の食堂の米は内緒で毎日それを使って少しでも経費を安く上げればいいと思います。

 10年後本当のことが分かると、知らずに買っている人の気持ちが分かると思います。

 米で一番おいしいのは、言わずと知れた新潟県魚沼産100パーセント新米のこしひかりです。

 同じ魚沼でもおいしい場所もあればそうでないところがあります。10万人分ぐらいしかありませんのでスーパーやホームセンターで売っている物は10パーセントぐらいしか(偽物ぎりぎりです)入っていません。

 次においしい物は丹波のコウノトリの里の無農薬の米です。こちらも量が少ないので値段はそこそこですが、一般の方には当たらないと思います。

 そこで明石近郊で手に入りやすく値段もそこそこでおいしい米は、当店でも扱っている小池農園のものや丹波の米です。

 現在、早生の物で普通においしいですが、10月中ごろには中手や晩生(おくて)が出て来ますのでそちらの方が本当に美味しいです。

 

 

和歌山 紀北 かわかみ たねなし柿(ひらたね柿) 3Lサイズ

DSC02945.jpg

 柿が入荷しました。 

 富有柿(ふゆがき)が出るまではこちらでも十分おいしいです。

徳島名産 露地物 すだち

DSC02944.jpg

 徳島の路地物のスダチが入荷しました。

 ハウス物とちがって酸っぱくて、脂の乗った魚を焼いたり、漬物に少し掛けて食べるのにぴったりです。

 春先から夏にかけてリンゴの発砲スチロールに鮮度保持剤が同梱されていましたので、スダチの保存用に再使用しています。

 そのままだと冷蔵庫で1ヶ月ぐらいしか持ちませんが、11月末ぐらいまで使えると思います。

 柑橘類には抗がん作用があると言われています。知り合いで1日に10箱ぐらいタバコを吸っていても不思議に肺がんにならない方がいらっしゃいます。

 普通の人に比べて10年から20年進行を遅らせることが出来る(かも?)。抗がん作用というものは、一人一人違いますので、季節の野菜を色々食べることが重要だと思います。

明石のアオリイカ

DSC02943.jpg

 海の中はすっかり秋になりアオリイカも釣れ始めました。

 こちらのイカは主に刺身で食べられます。イカの王様と言われるぐらいおいしい物です。

 水槽で泳いでいる間は真っ黒ですが、手鉤で急所を突いて絞めるとこちら写真のような透明になり、
時間が経つと白くなります。

 エメラルドグリーンのアイシャドウが特徴的です。

 透明の間にお刺身をするとこれ以上の物はありません。

 日本海の物を混ぜると儲かります。味が全然違いますので食べ比べると分かると思います。

 

明石鯛 姿焼き

DSC02942.jpg

 今週から京都で明石鯛のメニューが追加されましたので、相場が一気に倍になってしまいました。

 特に1,2kから1,8kのものは、100g 800円から1000円します。

 こちらの鯛は焼き上がりが綺麗なため今回アップしました。焼いても綺麗な状態の物は明石鯛の中でも100匹に一匹ぐらいしかないと思います。

 綺麗でおいしい鯛姿焼きの条件は、
 先ず雌であること。
 9月に入って産後の養生が出来ている物。
 浅瀬に住んでいて明石の蟹やエビを食べていること。
 5月から今まで漁師に捕まらなかったこと。
 釣りの物で一晩か二晩生簀で泳いでいた物。
 それと焼いたとき自身の脂のススで黒くならないように、備長炭で強火の遠火で約1時間半掛けて焼くことです。
 偶然に出来た物でご注文されても出来るか分かりません。

 明後日9月14日は十五夜ですので、美しい鯛を食べながら月見をするのもいいと思います。

 
 

秋の味覚 明石の足赤えび

DSC02934.jpg

 明石の足赤えびが獲れ始めました。

 まだ少し小さめです。こちらのエビも9月10月がよく水揚げされます。

 12月に入ると、めっきり居なくなりますのでお正月のお節用に1口冷凍保存したほうがいいと思います。

 大き目の鱧が本日より小さめの物とグラム単価が同じぐらいになって安くなりました。

 前回ご紹介しましたまるまる肥えたトラはぜを好んで食べていますので、鱧自身も脂が乗っておいしくなってきました。

 エビと鱧を入れて鍋にすると、彩りもよく、とにかくいい出汁が出て雑炊がおいしいです。

ナゴヤフグのから揚げ

DSC02933.jpg


 5月ごろ海岸をランニングしている時にナゴヤの稚魚がいっぱい泳いでいましたので、今年は多いかなと思っていました。

 今年の初物です。1000円で5から6匹入っていましたので去年の半値ぐらいです。今シーズンはたくさん取れて安いかもしれません。

 フグは暖かい気候が好きですので明石では9月から10月にかけて水揚げされます。12月に入るとほとんどいなくなります。

 お客様のご注文でから揚げにしましたが、鍋にするのが一番おいしいいと思います。

 身がしっかりしていますので、お正月まで冷凍保存してもおいしく頂けます。

 この暑いのに鍋?という時が買い時です。

なごやフグ

DSC02932.jpg

土ものの野菜とトラはぜのフライ

DSC02931.jpg

 雨夏野菜の産地が影響を受けて、トマト、きゅうり、なすび、菜っ葉ものが軒並み高くなっています。

 影響をあまり受けなかったレンコン、にんじん、ごぼうのキンピラと芋茎(ずいき)を炊いておかずを作りました。

 芋茎は小芋の葉っぱの部分で、あるところに行くと捨てていますので、魚のアラと交換でいただきました。

 店頭ではあまり売っていない物ですが、とにかくおいしいです。手間が掛かるのであまりうれないのでしょう。なべいっぱいに炊いても4人で一度に食べてしまいます。

 雨がたくさん降りましたので、あと一週間ぐらいすれば明石の菜っ葉がどんどん出てくると思います。

 トラはぜが丸々肥えて今からが旬です。開きにしてフライにしました。キスは産卵後の為にあまりおいしくないです。12月、1月が旬です。
 こちらも安いのはしばらくの間で、三宮の天ぷら屋さんが使い始めると高くなってきます。

今年の新りんご サンつがる 入荷しました。

DSC02930.jpg

 サンつがるが出ました。色づきは最初にしてはいいと思います。

 味は、去年のサンふじよりましかなーというレベルです。次にでる品種に期待しましょう。

淡路のたまねぎ ターザンは江崎灯台から

DSC02929.jpg

 淡路のたまねぎのもみじ3号というのは有名で一般的に流通しています。

 こちらのターザンという品種は明石では売られていません。(と思います。)

 江崎灯台付近で栽培されていて、明石海峡の西からの潮風が当たっていますので、甘さは抜群です。内陸部の美原辺りで採れるのとまた違う味がします。玉の大きくないのが弱点ですがスライスしても身崩れがなく、おそらく日本で一番か二番の味だと思います。美原でも、もみじ3号よりおいしい品種があると聞いています。それと比べてみないとどちらが一番か分からないです。

 魚のアラと交換していますので非買品です。家族でおいしく頂いています。
 

テーマ:蕎麦屋 - ジャンル:グルメ

焼いてから煮付けにすると、いいだしが出ます。

DSC02928.jpg

 ガシラ、シタビラメ、アブラメ、トラはぜをグリルで焼いてから煮付けにして、その出汁で白ねぎや白菜と豆腐を炊くと、ものすごくおいしいです。それに油気がないので健康的です。

 時間が掛かりますので普通の家庭では料理してくれないと思います。その証拠に、こういった魚はほとんどタダみたいな値段で売られています。

 保険金と退職金満額を受け取るために健康管理されています。毎日ゴロゴロ家にいて顔を合わすのがいやという会話が喫茶店に行くと必ず聞こえてきます。

 心当たりある男性の方は殺される前に又は殺す前に時間のある時は若いときから家事に参加した方がいいと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。