明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかなごの寄せ揚げ

DSC01716.jpg
【“いかなごの寄せ揚げ”の続きを読む】
スポンサーサイト

フルーツトマト

DSC01717.jpg
【“フルーツトマト”の続きを読む】

あぶらめ(あいなめ)のシンコ

DSC01715.jpg
【“あぶらめ(あいなめ)のシンコ”の続きを読む】

やっぱりおいしい明石のいかなご

DSC01714.jpg
【“やっぱりおいしい明石のいかなご”の続きを読む】

明石のいかなご漁明日3月25日から再開します。

 衝突事故の影響で明石のいかなご漁は自粛されていましたが、影響がなくなった為に再開されることになりました。
 午前10時までに1回、午後1時半に1回入荷を予定しています。
 4月12日の土曜日ぐらいまで販売する予定です。
 今年は親のフルセ漁も禁漁になっていますので大きめのシンコがいかなご本来の味になってきましたので人気が上がってきています。
 他の明石のお魚もいかなごの大きくなったものを食べにやってきますので、魚が増えてくるのは桜の花が散ってからになります。
 今はあぶらめ(あいなめ)と黒メバルの旬ですが1人前1000円から2000円しますので、もうしばらくはいかなごのお世話になりたいと思っています。
 また明日からも宜しくお願いします。

3月24日からのいかなごは

今週は前回お伝えしたように近辺海域でのいかなご漁が自粛され、自店で家島方面でのいかなごを仕入れていたので、入荷は11時過ぎ、1度のみとほぼご予約のお客様で完売という状況でした。

思うように手に入れられなかったお客様もまだいらっしゃるかと思いますが・・・
次週からは明石浦漁港もいかなご漁を再開するとの決定です!!

明石浦のいかなご、成長もしているとは思いますが、赤腹で新鮮ないかなごは味が良いので本当に楽しみです!!
価格面でも、入荷が少ないと高騰してしまいますが、漁が再開され供給量が落ち着けば少しは下がるのでは・・・と期待しつつ、来週もいかなごの顔をみるのが楽しみです。

大きいいかなごは敬遠される方もいらっしゃいますし、こればかりは好みですが、しっかりとした味わいもまた良いものだな~と、今年はそう思うことができました。

ぜひ、明石浦のいかなごを炊いてみてください!!

詳しくはお電話でのお問い合わせにてお答えさせていただきますのでお気軽にどうぞ。

また、親のふるせですが、今年は禁漁となりそうです。
これもいかなごの減少を食い止める少子化対策のようなもので、自然の変化に対して、私達もできるだけの環境にたいする配慮をしていかなければいけないですね。
人気のふるせがないのは残念ですが、来年の楽しみにとっておきましょう。

いかなご漁について

3月5日の明石海峡における貨物船沈没事故の件で、いかなごについていろいろご心配されていることもあると思います。

解禁以来、少ないながらも順調にいかなごの入荷もあり、お客様にもご愛顧いただいています。
事故の影響を受けないように、周辺海域を禁漁区域に指定しており、流出油の影響を受けない遠方海域(関西空港周辺、洲本沖、淡路島南部、姫路沖)で漁を行っていました。
我が家でも、毎日いかなごを炊いていますが現在までの入荷したいかなごに関して油の心配はありません。

ですが、本日の神戸新聞の朝刊にも出ていましたが、淡路の漁港で、油粒があがったとのことで、安全性を最優先させるためにも神戸、明石、淡路の漁協は、15(土)~17日(月)を禁漁とすることを決め、流出油の回収を実施することになりました。
18日(火)以降に関しては、試験操業を行い安全を確認して再する予定です。

月曜日以降、いかなごに関してはお店に問い合わせいただければなにかお答えできることもあると思います。

今がピークなだけに残念なことですが、安全ないかなごを炊けるように、ご理解いただきたく思います。

いかなご漁好調です。

 3月8日土曜日のいかなご漁は心配されましたが、漁師の努力と関係者の協力のおかげで午前中からたくさん入荷しました。ここ10年ほど最盛期の土曜日にあったためしがありませんでした。
 油の影響や不漁の為、半分ぐらいのお客様にしか分けられないかもしれないと思っていました。
入荷時間は
9時30分
10時00分
10時30分
1時00分
2時00分
でした。
 あともうひとつ欲を言えば、値段が下がればいいのにと思っています。
前半戦が終了しましたが、風も濃霧もなく、いかなごが当たらなかったお客様もいませんでした。
 来週からもどうぞ宜しくお願いします。

3月8日(土曜日)のいかなご争奪戦は激戦必死です。

 本日3月7日も重油流出の影響でいかなごの入荷が遅れました。午前中はほとんど取れませんでしたのでお客様も戦々恐々たる雰囲気でした。
 明日3月8日はシーズン中最も需要がある日と思いますが朝も冷える予想ですので本日と同じ12時ぐらいから入荷する予定です。
 出来る限りご要望に沿えるように手配しますのでお時間のある方は午前中に他の用事を済ませて午後からお買い求め下さい。
 毎シーズンあることですがお客様同士取り合いになり、いかなごの流出事故が起きたり、トラブルが起きたりしますので落ち着いて行動するようにお願い致します。

本日の入荷時間は
11時00分
12時00分
1時00分
でした。
 明日もどうぞ宜しくお願いします。
 

船の事故は影響ありませんでした。

 昨日の船の事故は心配されましたが油の浮いている所以外でいかなご漁をしましたので操業に影響はありませんでした。詳しくは神戸新聞の夕刊に載っています。
 本日は夜明け前の気温が1度と低めでしたので入荷は遅れる予想でお客様にお伝えしましたので混乱もなくスムーズにお渡し出来たと思います。
 入荷時刻は
11時00分
11時30分
1時00分
でした。
最後の便の袋詰めが終わったときに70k以上残ってしまいましたが、お客様に協力して頂き2時前に完売しました。どうもありがとうございました。

朝冷えると遅れます。

今日の朝は夜明け前が2度から3度で少し寒かったと思います。
気温が低い日はいかなごが沈んでしまい入荷が遅れました。
今シーズン初めて大混乱になってしまいました。
昨日までに小さめが好きな方は炊き終わり本日からは第二段階の方が買いに来られてメンバーが入れ替わった様です。
本格的に炊く方が増えましたが、採れる量は同じで少なめですのでお昼までに買える方はごくわずかでした。
入荷時間は
11時00分
12時00分
1時00分
でした。
最後の一回で約150kありましたので待って頂いた方には全員お渡しすることが出来ました。
寒いのにどうもありがとうございました。
大きさはどの便も大きすぎず、炊き頃になっています。
明石海峡のタンカーの衝突事故が気になりますが、漁に行くかどうか明日にならないと分かりません。朝9時以降にご連絡頂ければお答えできると思います。
今週が一番の山場ですので明日からもどうぞ宜しくお願いします。

高知県産生姜売れ行き好調です。

去年の春頃から中国の生姜に薬が出るといわれてましたがとうとう今回の事件で入荷がストップしました。
れんこん、ごぼう、にんじんは少々値上がりしたようですが、生姜は品薄になりましたが影響はないみたいです。国内にあるものは出来るだけ使ってあげることで地方の活性化になると思います。

本日のいかなごの入荷時間は
10時00分 大きめ 1300円
10時15分 小さめ 1300円
10時30分 小さめ 1400円
11時50分 大きめ 1300円
でした。

小さい物がどうしてもご入用の方がいらしゃいましたので値段の高いものを買いましたがご希望がなければほとんど大きめの物になると思います。
まだ油分が少ないので大きくてもちょうどいい加減の大きさに炊き上がり、味も美味しいです。
それでは明日も宜しくお願いします。

3月3日 ひなまつり

 3月3日今年はじめて黄砂が確認されました。
この為太陽光線が遮断されいかなごが浮いてくるのが遅れたみたいです。
 入荷時間は
9時40分
10時10分
12時00分
でした。
量は少ない目ですので値段はさがりませんでした。1キロ1300円で10時10分に入荷した50キロのみ1400円で販売しました。
 本日もどうぞ宜しくお願いします。
 

3月1日土曜日の入荷状況です。

土曜日は予想通り風が吹きましたのでない時間帯がありました。
風と濃霧が出る日は漁は少なめです。

お値段は1便2便は1キロ1200円、3便以降は1300円でした。

入荷時間は
9時10分
9時40分
10時10分

12時00分

ほとんどの方はご存知かと思われますが日曜日は大阪湾、播磨灘の猟師はお休みです。

地元の活性化の為にいかなごをPRしていますので、他県の物を売るのは当店はいたしません。

明日からもどうぞ宜しくお願いします。

3月1日いかなご

今日は9時30分から初回の入荷があります
1200円です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。