明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司

20070710060818.jpg


むらかみに並ぶお魚も夏まっさかり

すずき

あじ
さば
いわし
タコ
とらはぜ
太刀魚
かれい
カワツエビ
はも
あなご

脂ののった旬のお魚がならんでいます。

今回は「いわしとさばの寿司」です。
いわしもさばもお酢でしめて「きずし」にしています。
生姜をはさんでのせていただくのでこの暑い時期にぴったり。
あじでも同様にお酢でしめて棒寿司にできますよ!!

濃厚な魚の味もお酢でさっぱり、暑さに負けない体作りにぴったりです。

さて、さばの話をすると食べられないという人が周りに何人かいませんか?
これは人の内臓にある酵素が、さばのヒスチジンというアミノ酸をヒスタミンに変えることでアレルギー反応を起こすからです。
これに敏感な人が発症しやすいようです。
やはり何よりも鮮度が重要です。

青魚の中では、タンパク質がもっとも多く、しかも良質といわれています。さらに微量養素の宝庫ともいえるのです。
少しその効用について紹介します。

(1)DHA(ドコサヘキサエン酸)
脳や神経組織の発育、機能維持に必要です。

(2)IPA(イコサペンタエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)
コレステロールの善玉を増やし、悪玉や中性脂肪を低下。血液をサラサラに流れやすくします。

(3)ビタミンB2
アミノ酸や脂質、炭水化物の代謝に必要な栄養素。

他にも多くの栄養素がしっかり詰まっています。

「血合い」について紹介します。血合いは身の黒ずんだところです。血合肉=肝臓機能と考えられてきたほど、同量の肉と比較して、鉄分は5倍、ビタミンAは2倍弱、カルシウムは3倍、タウリンにおいては何と約12倍にもなる量を含んでいます。
血合肉はちょっとした栄養食品なのです。なんとなく残す習慣のついているかもしれませんが、今日から必ず食べてみませんか?




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。