明石お魚日記~むらかみ食料品店~

明石の天然のお魚を紹介します。 お魚の種類や食べ方、きっとお魚が大好きになること間違いなしです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漬け梅の開始

DSC03650.jpg

 梅に色付いて来ましたので、黄色くなった物から順番に漬け始めました。

 軽く水で洗ってから、布巾でふき取り、ちょっと湿り気があるうちに塩を塗します。

 1kに大して、200g塩を入れます。、

 新ショウガを漬ける場合は梅が赤く漬かってからです。
 まずは去年の梅をつけた梅酢に一度つけてから今年つけた梅酢につけてください。
 新しい梅酢に紫蘇と一緒にし、梅干しとは別に漬けて冷蔵庫に入れて保存すると、カビの来る可能性は低いです。

 塩と化学調味料の塊のラーメン、スナック菓子を食べている方には、漬け梅など関係ない物ですが、日本人にとって、野菜の少ない夏を乗り切るに当たって、梅干は重要な食材であることは間違いないと思います。

 この後、8月の土用干しをすると、いっそう梅干しの味が良くなります。
 またこちらのブログで紹介するのでお楽しみに!!

むらかみ食料品店のネットショップ、ホームページはこちら
スポンサーサイト

明石の一本釣りの真サバ

DSC03603.jpg
DSC03604.jpg

 明石の一本釣りのサバです。

 ゴマサバと真サバがあり、ゴマサバは締まらないのでお刺身向けです。

 真サバは時間が経つとどうしても締まってきます。出来るだけ締まらないように、釣ってから一旦水槽で泳がせて、落ち着かせてから、首を切り、血抜きして、神経を抜きます。だいたい絞めてから3時間以内に刺身で食べるのが理想的です。

 関サバと言っても、このタイミングではなかなか食べさせてはくれないと思います。

 結果として、明石の昼網のサバは、刺身で食べるとこれ以上ない味だと思います。

 但し、お年寄りの方には、いくら鮮度が良くても、菜まで食べることをお勧めしません。それぐらいは皆さんご存知だと思います。

 90過ぎの方は、極端に殺菌能力がありませんので、白身のお刺身でも、食べない方がいいと思います。

明石のタイラギ貝

DSC03499.jpg

 明石のタイラギ貝の品質が良くなってきました。

 去年の夏の暑さで、年末まで水温が下がらなかったことで、成長が遅れました。

 漁師が午前中殻むきした物を昼にセリにかけて、午後から店頭で販売しております。

 その日から5日間は生で食べられ、10日ほど冷蔵庫で保存できます。

 春になると貝類は雑菌が増えやすいため、表面を少し加熱してから半生で食べられる事をお勧めします。

 参考までに、下の写真は、焼き過ぎです。

 巷ではB1グランプリが話題ですが、我が家の玉子焼きの様に、天然のヒラメで出汁をとり、明石のタコと、タイラギ貝を入れて作れば、アウェイでも大会を制することは出来ると思います。

 味の素でごまかすと、舌に刺さる感覚が残り、分かる人にはばれてしまいます。

 300円から400円で採算が合うように作らなければいけませんので、そこがプロのテクニックの見せ所だと思います。

 B1と言わずに、明石には最高の食材がありますので、そういったもので観光客を増やし、明石市の税収を上げ、市民生活の向上を目指すというような市会議員が出てくればいいなと思います。

 金のない国や国会議員と連携して、国から金をぶん取ります、というようなやり方は、名古屋や鹿児島同様、無理になってきています。

 どこにももらえるお金がないのだから、独立採算制にする為にどうすればいいのか考えられる市会議員が必要だと思います。

 

 

大好評 明石鯛のヒラキ

DSC03347.jpg

 今年も明石では鯛がたくさん獲れています。

 紫外線がきついこの季節、天日で干すとさらにおいしくなります。

 天気さえ良ければ、店頭で干して販売しています。

 食べた後のアラでお茶漬けしてもおいしいです。

 梅雨入りまで今と同じ値段でご提供させて頂けると思います。

 1日に30枚ほどが限度ですので、ご入用の場合はご注文下さい。

 〒673-0866

 兵庫県明石市朝霧町2-15-1  むらかみ食料品店

 ℡ 078-911-2127

 メールアドレス fs022mr2@yahoo.co.jp

 宜しくお願いします。

 
 

青森のジョナゴールド

DSC03212.jpg

 リンゴは台風で木から落ちると商品価値が0になってしまいます。

 今回は非常に大きい台風がやってくるということで、テレビでご覧になったと思いますが、農家は急いで出荷して来ました。

 ジョナゴールドと言えど、新リンゴの食感はパリッとしていて、味もフジに近いと思いました。

 とにかく、おいしいリンゴが安い値段で食べられるのは台風のおかげです。

 リンゴは血圧を正常な値にしてくれますので、出来れば毎朝4分の1個ぐらい食べた方がいいと思います。

 青森でも下北半島の住民は血圧が高く、津軽半島ではあまり高い人がいないということです。

 人は40歳を過ぎると、親から貰った免疫力が全てなくなります。

 それまでにバランスの良い食事をして、予防しておかなければ次々に病気が出てきます。

 血圧の高いのは遺伝による物ではないということが分かってきたと思います。

 親と同じ様な食事をするから子供も同じような症状になります。

 親がもし高血圧ならば、食事を考えて変えていかなければなりません。

 日本の現在の医療費が、32兆円ですので、1億3千万人の内、4000万世帯として、1世帯辺り、

 年間80万円払わなくてはいけません。それもあと10年で100万円を超えます。

 国にはお金がありませんので、当然個人に負担が掛かってきます。

 補正予算費を削っても2.5兆円で、天下りを全てなくしても1、6兆円しか浮いてきませんので、この医療費の50兆円は国民生活に大きくのしかかって来ます。

 血流を良くして、せめて70歳までは大きな病気で医者に掛からないようにしましょう。

 リンゴは体にいいですよというお話でした。ご参考にしてみてください。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。